トークンを作ってみるよ。その2~メタマスク導入とテストETH~

こんにちは。
前々回の更新から前回の更新までの間がけっこう空いてしまってしょんぼりしております。

さてさて、今日は、トークンをやりとりするためのウォレット(お財布)作りから始めます。
お財布と言っても、がま口とかではなく。
トークン(つまりデータの塊)を、保存しておくための場所です。

今回使うのは「メタマスク」というウォレット。
ウォレットにはいろいろな種類があります。
メタマスクはその中の、ソフトウェアウォレットという種類にあたります。
自分のPCにダウンロードすることによってお財布として機能します。

メタマスク公式サイトはこちら
サイトに飛ぶとトップページのきつねがカーソルに合わせて顔の向きを変えます。
きつにゅんかわいいよきつにゅん!
メタマスクウォレットですが、イーサリアム用ウォレットで、GoogleChromeのプラグインとして使えます。
「イーサリアム」「プラグイン」についてはググってね!

で、実際の導入手順は、このサイトがわかりやすいです。
当サイトは別にブロックチェーン単体でのSEOは意識していないので、わかりやすいサイトがあったらじゃんじゃん貼っていきます。

さて、プラグインとして導入ができたら、今度はテストトークンをもらいに行きます。

ここで、前回の「rinkeby」「ropsten」というキーワードが再度登場します。
この二つはそれぞれ、Ethereumのテスト用ネットワークです。

ちなみに「rinkeby」でやってみようと思ったら「対応してないなァー(意訳)」というメッセージが出たので「ropsten」を使います。
メタマスクのネットワークをropstenに変更します。
ropstenのページにアクセスして、「テスト用の1ETHちょうだい!」します。

無事もらえました。
画面中ほどに出てたらSuccessって出てたらオッケーのサインです。

あんまり連続でちょうだいするとうっとうしいと思われるので、時間を空けて何枚かETHをもらいましょう。
ではでは、今回はここまで。

次回は、いよいよテストトークン作りの設定にはいりまーす。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)